Home Index 2013年日記

Gomiなmixi日記(2017)

mixiで書いた日記をウェブにも置いておきます。日記中でURLの書かれていないリンクはmixiへのリンクなのでmixiIDが必要です。

【平安京妄想説】船岡山は平安京の基点に非ず 2017年08月04日16:46
船岡山…平安京の基点となって羅城門・朱雀大路・朱雀門・応天門・大極殿と一直線上に並ぶ平安京の基線の北端に位置して基準点となったと推定されている丘陵で四神相応説では玄武に対応するとされている。

梶川敏夫氏はその平安京の造成時の想像図を
http://homepage-nifty.com/heiankyo/heian/image/heian07.jpg
のように描かれている。
しかし、本当に平安京の基点として山頂の岩磐座を設定して平安京の設計が行われたのだろうか?

まず、疑問に思ったのは先行する長岡京には北には丘陵・山地は京都市の広沢池までない。南には石清水八幡宮という聖地があるが神社や鳩ヶ峰は長岡京の朱雀大路よりも西に位置しているし、八幡宮そのものが9世紀に宇佐神宮から勧請されたから長岡京の造成時に神聖視されていたかどうかは疑問である。
つまり長岡京の南北基線上には目立つ山地丘陵はなにもない。それが僅か10年後に主導者が同じ桓武天皇の元で大極殿位置の経度を決定するという重要事項の根本的な仕組みが変わったとするには都市計画や宮殿・内裏構成が余りにも似すぎている。


どうやら平安京も長岡京と同じように山岳丘陵に拠らず大極殿位置を設定して、造成してみたところ【タマタマ】朱雀大路の延長線上に船岡山があったのではないだろうか。

平安京オーバレイマップ
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/archive01/theater/html/heian/
で大極殿位置を確認して緯度・経度・標高を表示するマップで千本丸太町交差点西北隅をクリックすると

同じマップで船岡山の同一経度を探ると

山頂三角点と約60mほど西に在り標高も5mほど低い。平安京の造成時の測量精度は非常に高く、ほぼ同時起工した大路小路の差は殆どなく1Mも側溝はズレてないとは埋文研の先生の現説の言葉。その精度の高い測量技術で最高標高地点【と古代からあるとされる岩磐座】を数十mも東に基準線を描いたのだろうか?


グーグルアースでみた船岡山 岩磐座と三角点が解る。

コメント(2) イイネ!(3)

【平安京妄想説】四神相応は後付け 2017年07月28日11:35
まずは2つのグーグルマップを見て頂こう。
https://www.google.co.jp/maps/@34.331113,109.0166385,12z

https://www.google.co.jp/maps/@34.6658377,112.4227435,12z

現在中国の陝西省西安市と河南省洛陽市の地図である。一見して解るように西安では北に渭河(渭水)が東へと流れ、洛陽では洛河(洛水)が南を東へと流れている。
また恭仁京の復元図をみても
http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/kunikyu.html
木津川は恭仁京跡の南を西に流れている。

これは全ていわゆる四神相応の「東に河川がある」には当てはまらない。西安は平安京のみならず藤原京から始まる日本古代宮城のモデルとなった都市-長安の現在の名称であるし、洛陽は現在の京都の雅称として京都-平安京のもう一つのモデルでもある。というか、随から唐の首都と副都であり殷周の頃よりこの2つの都市以外は地方都市に過ぎなかった。

つまりは、平安京ができる僅か半世紀前【桓武天皇は既に生まれていた】の宮城-恭仁京ですら考慮されなかった長安・洛陽両都市でも対応していない、四神相応・山川道澤説に従って平安京なり長岡京の地が選定されたというのは無理が多い。

四神相応山川道澤説は11世紀の『作庭記』に記載があるしいう。しかし『作庭記』は【庭に関する】風水の文書で都市計画に関する書ではない。しかも平安遷都後かなりの時間経過の後に成立している。平安貴族による自画自賛的なものが山川道澤説ではなかろうか?もちろん高松塚古墳にあるように四神は飛鳥時代から信仰されていたし、平城遷都詔は「平城の地は四禽図に叶ひ」とあるが四禽図が山川道澤であるとは書かれていない。

ちなみに山川道澤説による白虎の山陰道は国司の官位からみても主要幹線とは読み取れないし足利健亮説によると山陰道は平安時代は羅城門を南に行った地点から発していた。

コメント(0) イイネ!(0)

京都のグラフィカルな歴史案内板 2017年07月25日13:24
拙サイト『京都のグラフィカルな歴史案内板』
http://gomi17.web.fc2.com/hiskyoto/annaiban.html
に久々に案内板追加


戌:「もっこ橋」の由来


亥:平安京羅城門模型デジタルサイネージ
最初は脇のパネルには絵が無いからスルーの予定だったがデジタルサイネージが新しい「グラフィカルな歴史案内板」かと思い直し追加


Γ:東西通りうた
追加するなら、この音楽も…と 干支漢字を使い果たしギリシア文字の大文字【ラテン字と被らなものだけに限定】


Δ:近衛家別邸 御花畑屋敷跡
中村武生先生が建立された案内板を何点か追加


Λ:久坂玄瑞 吉田稔麿 寺島忠三郎などゆかりの地


Ξ:徳川時代 宗氏屋敷跡 附 桂小五郎寓居跡


Θ:京薩摩藩邸
ストリートビューで見つけた駒札 同志社には久々に行った。


コメント(0) イイネ!(3)

七夕も近いのでGoogleEarthの星空写真を 2017年07月04日14:20
最初はベガとアルタイルを並べて と思ったが面白みが無いので(笑)


枕草子でも言われている「星は…」
高校時代 視力2.0あった時は8つまで見えたが今は全く見えない
当時オペラグラズで見ると10個以上見えたな。


先日「つぶやき」でも触れたがSFの舞台で多用の暗黒星雲。
オリオンの三ツ星の傍にあるが双眼鏡程度では無理らしい。


αケンタウリとプロキシマ 日本からは見えない。プロキシマは位置的にOKな場所でも
反射型の大口径が必要。


コメント(0) イイネ!(2)

【平安京妄想説】東洞院大路との大路名は摂関期まで無かった 2017年02月22日00:34
今上天皇 退位後は京都にお戻りいただこうとの提案も
削除されたmixiニュース
なんてmixiニュースがあったが、天皇退位後の住まいを普通は「院」と呼ぶ。

所謂歴史用語の院政の語源なのだが、院以外にも仙洞御所との呼び方もある。
そして「院」と「仙洞御所」の2つを併せた「洞院」という言葉も同じように天皇退位後の住まいを意味する。

ここで京都人なら誰でも思い出す「東洞院」と「西洞院」という通り名が思い浮かぶ。東洞院通りと西洞院通りは【平安京開設時の東(西)洞院大路】と御池通りの辻標に表記されている。
東洞院
西洞院

でも名前からすると、その大路沿いに「院」又は「仙洞御所」があった大路の西と東と読み取れる。でも平安京の開設時には双方の大路には「院」は無かった。
もちろん双方の大路沿いに後院は多く設けられたが代表的なものとしては西洞院は閑院は院政期であるから亭子院 であろう。東洞院は花山院か。どちらも亭子院なら九世紀、花山院なら十世紀に作られ平安京開設時には影カタチは無かった。

だから東(西)洞院大路という大路名は平安遷都どころか摂関期まで無かった可能性は高い。
まぁ具足小路が訛って糞小路となり後冷泉天皇の宣旨で錦小路に改称したとのことからも摂関期ぐらいに平安京の大路名・小路名が定着してきたのかもしれない。一条大路…九条大路もその頃に呼ばれ始めたので一条から九条の言葉は条坊制として土地プロックを指し示す言葉であった可能性も高い。


コメント(0) イイネ!(3)


ページ先頭へ
inserted by FC2 system